スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれてきたタイミング悪い

僕らは平成元年生まれの世代ですが,やれバブル崩壊だの不景気だの就職氷河期だのとこれでもかと困難が襲いかかる世代です(´・ω・`)

そしてさらに個人的に悪いことが.

阪大の情報科学研究科の入試は今年から形式が変わるのです.

・旧形式

必修3科目
アルゴリズム・論理設計・計算機システム

選択2科目 (全8科目)
電磁理論・回路理論・数学解析・離散数学
情報論理学・計算理論・情報理論・ネットワーク

・新形式

必修2科目
アルゴリズム・計算機システム

選択2科目 (全5科目)
離散構造・計算理論・ネットワーク
電子回路・数学解析

このよう科目は減ってますが,1科目の範囲が増えてるのです.

例えば新形式のネットワークは旧形式のネットワークと情報理論を合わせた教科になります.

旧形式ならネットワークだけを勉強して1科目分クリアできたのに,新形式では情報理論も勉強しなくちゃいけないのです.

旧形式なら,計算理論とか離散数学とかおいしくいただけそうなのにな~

出題範囲が変わるので出題傾向が変わるかどうかも少し心配なわけです.

先生曰く「しっかり勉強してれば問題ない!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
相互リンクしてくださる方募集してます!!
Twitter 相互フォロワ―も募集してます!!
コメントも募集してます!!
感想でも質問でも気軽にどうぞ!!

ランキング参加してます!!
クリックお願いします!!

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
検索フォーム
最新コメント
リンク
admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。