スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広い世界狭い世界

かなり前の話ですが,テレビでどこかのだれかがこんな話をしてた覚えがあります.

「私は少し頭がいいぐらいで一番なんかとれなかったが,進学校ではなく普通のレベルの高校に行けば自分でも一番になれるんだと気づいた.」

この言葉だけじゃなくてそのあとに,「だから仕事でも人がいない自分が一番になれる新しい分野を・・・・(以下略」というような話をしていました.

でもここは「進学校ではなく普通のレベルの高校に行けば自分でも一番になれる」ということについて考えてみたいと思います.


この言葉,要するに広い世界での普通の人になるか,狭い世界の一番になるかということだと思います.

どちらがいいかは賛否両論あるんじゃないかと.

一番というのはいいですよね.なんでも嬉しいものです.

それに,広い世界で普通の人っていうのは,埋没してしまっているような,よく言う「社会の歯車のひとつ」のような感覚を覚えます.

でも僕は上に人がいるってのは悪いことばかりじゃないと思うんです.

自分がなにかで一番だとして,あなたはそれ以上自分を向上させていくことができるでしょうか??

できるという人はすごいです.

上に人がいるからこそ,そこを目指して頑張れるし,その人から自分では考えもしないようなことを得られるし・・・この方が自分をより向上させていけると思います.


なんでこんな話をしたかというと,高専から編入なり就職なりする時に,少なからずこのような世界の広がりを感じるからです.

場所にもよりますが,進んだ先で今まで出会ったことないようなすごい人に出会うことがあると思います.

もちろん自分のふがいなさに挫折を感じることもあると思います.

僕は編入してみて,こういうことを感じました.

でもここで折れちゃだめです.

自分はもうここが限界だと思うのなら仕方ないです.

でもまだやれる自信があるなら,広い世界にでたことであなたはより成長していけると思います.

と半分自分に向けた言葉のような感じです(笑

現状で満足することが悪い事と言ってるわけではありません.そう考える人だってもちろんいます.

でも自分はまだいける,まだいきたいと思う人は世界を広げてみるのはプラスに働くと思いますよ.
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
相互リンクしてくださる方募集してます!!
Twitter 相互フォロワ―も募集してます!!
コメントも募集してます!!
感想でも質問でも気軽にどうぞ!!

ランキング参加してます!!
クリックお願いします!!

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
検索フォーム
最新コメント
リンク
admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。